--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-15

其の五八『たかさご』

2012年12月13日(木)


今年も気づけば、もう12月。 師走でございます。

蕎麦屋へ行かねば〜〜〜 ということで行って参りました。(何度も言ってますが、別に蕎麦屋へ行っていないわけではないんです。ただ新しい店の開拓を怠ってしまいがちなだけなんです・・・言い訳)


友人と神楽坂へ足を運びました。

この蕎麦屋はグルメ雑誌や蕎麦雑誌などでよく見かける有名な店です。創業明治40年代という老舗で、現在は牛込神楽坂駅から徒歩4〜5分。創業は日本橋茅場町だが、現在三代目ということです。


『蕎麦の膳 たかさご』

DSCN0064.jpg


ここは暖簾が控えめでうっかりしていると通り過ぎてしまうような控えめな設えです。が、そういうお店を私は絶対見逃しません。ドンピシャで見つけて、店内へ。。。

昼も2時過ぎの入店だったので、混んでおらず すんなり席についた。

まず酒を注文! 酒は「常きげん」(鹿野酒造)

DSCN0066.jpg

純米酒を飲みながら、友人と談笑。いつも一人で蕎麦屋酒ですが、人と行くのもまた楽しいものですな。

お酒とともについてくる「蕎麦味噌」と「厚焼き玉子」「季節野菜の天ぷら」をつつきながらお酒が進みます。

DSCN0067.jpg

DSCN0069.jpg

小さな女将さんがお酒等を運んでくれますが、時折厨房から店主も出てきて品をテーブルに運んでくれます。

非常に寡黙な店主ですが、実直で真面目な印象を受け、職人らしいなぁと感じました。この辺の蕎麦ファンを虜にしているのもわかります。

ほどよく腹も落ち着いたところで、〆の蕎麦を注文。

「せいろう」を注文。ここは生粉打ち(きこうち)=十割そばを提供していて、蕎麦通たちの舌を唸らせているようです。香りよく、コシもあり、麺は水々しいです。つけ汁もバランスがいいと感じました。非の打ち所のないお蕎麦といったところでしょうか。美味しかったです。

DSCN0071.jpg

途中、他のお客さんが食べていた鴨南蛮そばが非常に美味しいそうに見えました。それはまたの機会にとっておきたいと思います。


☆☆☆☆
スポンサーサイト
プロフィール

Author:二八太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。