--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-17

其の四八『山形田』

2012年1月16日(月)

近年、ラーメンは太麺ブームなのかどの店に行っても、極太麺のようなブカブカの麺が多い気がします。
私は細麺が好きなので、博多ラーメンのようなラーメンは好きですね。。。


さて、江戸前の蕎麦屋さんは「ざるそば」というと繊細に細くてコシのある麺を打つのが特徴です。たぐり易くて噛むよりも飲み込むもんだなどという江戸っ子気質にあった食べ方などが言われます。(落語家なんかその仕種が上手)
一方、地方のそば処のお蕎麦というと「田舎そば」などと呼ばれ、太くてゴワゴワしてて口の中でもぐもぐ食べるというのが特徴です。


都会に居ながら田舎蕎麦を楽しめる場所がある。

銀座のデパート・松屋のすぐ裏手にある山形そばの店

『そばきりや山形田』

IMG_4506.jpg


地元山形の酒が充実しており、蕎麦も十割や外一、田舎と種類がある。ランチタイムの後に訪れたので、店は空いていてオーダーもあっという間にきました。

「山形田の酒」と「げそ天付き田舎蕎麦」を頼んだ。酒はのどごしよく太い田舎蕎麦によく合う。いかげその天ぷらは作り置きかあっという間に出てきた。蕎麦は「板そば」と呼ばれ、山形では普通のようだが、ざるではなく長方形の板でできた器にのってくる。しかも量はたくさん!

IMG_3746.jpg

IMG_9435.jpg


銀座という場所にありながら、このコストパフォーマンス(田舎そば680円)は近くに働く人たちや蕎麦好きには有り難い限りだと思う。美味しいです。
お腹一杯そばを食べたいときには是非おすすめの店です。


☆☆☆
スポンサーサイト
2011-10-26

其の三四『信州善光寺そば』

2010年12月13日

今日は、きれてしまっていたパスポートを新たに申請しようと有楽町の交通会館まで行ってきました。


そのついでというか、腹ごしらえをするため蕎麦屋へ行きました。
以前から通り道に看板がでていたので気にはなっていたのですが、行くチャンスがなかった店。
今日は他に宛がなかったので、入ってみることにしました。


『信州善行寺そば』

場所は銀座と有楽町の間くらいにある。

なんだか細い路地に入っていき、入るとすぐに地下への階段があり、要するに地下にあるお店。

034-1.jpg


感じは非常にラフというかカジュアルというか、BGMも軽快な感じ。

店内はまあきれいな感じだが、花番はいかにもバイトのお姉さんたち。

つまり、老舗的な要素はまったくない気軽に入れるお店と見ました。

もちろん、界隈で仕事するビジネスマンやOLなどがお客として見られました。


頼んだものは、お酒(一合)、とりわさ、大もりそば。

どれもまあまあで無難な感じの味でした。

034-2.jpg


そばは、なんだか知らないけど非常に芯が堅い感じで

よい意味ではコシがあるアルデンテ。

悪く言えば、ちょっと硬すぎ。

薬味のわさびが、粉の練りワサビなのがいただけない・・・

つけ汁は、ちょいと甘め。 私の好みは塩辛く濃い目。

034-3.jpg


場所が銀座なだけに、それほど期待はしていませんでしたが

まあこんなもんでしょうといった具合なお店でした。

どちらかといえば、飲ます蕎麦屋といった感じでしょうか。

値段は場所柄ちょい高め。


やはり銀座では洋食をチョイスするべきか・・・


☆☆☆
プロフィール

Author:二八太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。