2014-03-18

其の六九『神田錦町更科』

2014年3月17日(月)

ようやく厳しい寒さから開放されそうな 心地よい陽気になってきました。

神田界隈をぶらぶら散歩しながら見つけたお店。場所は小川町駅〜神保町駅の中間くらいに位置しています。


『神田錦町更科』

R0010354_1.jpg

のれんに麻布永坂の分店と書かれていますが、基本的に現在ある更科の屋号はどこのお店も「麻布永坂更科」ののれん分けと考えるのが自然でしょう。ちなみに、更科一門のしきたりとして、”暖簾分けには分店と支店のふた通りのやり方があったという。「分店」と名乗れるのは本家の子どもが新たに出した店の場合だけに限られ、親戚筋や奉公人の場合は「支店」となる。”(蕎麦屋の系図:岩崎信也著)

まあそんなことはさておき、いざ入店!


まずは、お酒(菊正宗)を注文。 酒が来るまでの間に、メニューをみてつまみを考えます。

なんとなくさっぱりしたものが食べたかったので、「早漬けきゅうり」を注文。

R0010358_1.jpg

なんとなく味が濃い気がしたが、キュウリはあっさりしてたので なんだかお酒にはマッチしてました。

ついで、「とり焼き」を注文。 やきとりと言わないところが、なんだかにくい...

R0010364_1.jpg

うーむ。なんだか盛り方が雑な気がしますね。ただ量は多い。
早速食べてみるが、見た目のとおり味が濃い!! しょっぱい感じですかね...でも酒には合う。
でもやっぱり私には濃かったかな...胸肉のようでしたが、少しパサパサ感がありました。

鶏肉の量が多く、食べ終わるのに時間がかかりましたが完食!酒もちょうど終わり、〆へ

普通にもりそばを と思ったのですが、「二色せいろ」というのが目にとまったのでそれを注文。

R0010375_1.jpg

更科とよもぎ蕎麦。更科は普通に美味しかったが、よもぎのほうが香りもよく麺がみずみずしくて美味しく感じました。
つけ汁は更科らしくバランスのよい味。薬味のネギ・大根おろし・生山葵はどれも新鮮で美味しかったです。

老舗の部類に入るだろうけど、所々仕事が粗い感じがしたのが少し残念なところです。女将さんが和服を着て花番をしていて旦那さんや倅が厨房を取り仕切っていたようです。美味しいそばを提供しているし、常連さんも多いようなのでこれからもぜひ更科の歴史を刻み続けて欲しいと思いました。


☆☆☆
スポンサーサイト
プロフィール

二八太郎

Author:二八太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ